施設紹介

代表挨拶→施設紹介のスタッフグループホームは地域密着型サービスとして位置つけされておりますが、今や福祉施設は増え続け、質の悪い介護サービスを提供する施設や架空請求する業者など様々です。

今や介護業界は「選ばれる施設!選ばれるサービス提供!が必要だ」と考えております。

私どもは利用者様ご本人およびご家族様に、少しでも選ばれる施設と判断いただけるように遠方の方でもご利用出来るよう施設住所に住民票の移動を可能としております。

増え続ける介護施設や介護サービス・・・
いくら国費を使ってもその末端で最後の砦である介護施設が重篤者を増やすような介護を提供していては国費の無駄なのです。

これからは、どんどん質を高めていく施設運営が必要です。

「活動意欲が無いから!」「下肢が不自由だから!」などを理由に、寝たきりの利用者さんは増やしてはいけないのです。

本人の持っている能力を存分に発揮できるような環境整備や手助けをするのが介護サービスであって、なんでも手助けしたり、意欲が無いから寝かせてる!というようなサービスを提供し廃用症候群が進行するような介護を提供してる介護施設は間違いです。

それは専門職ではなく、家政婦さんみたいな立場になってしまいます。

そのような介護を提供されている施設は様々な事情もあると思いますが、少しでも改善しようと思う気持ちが大事だと思います。

話はそれましたが私どもの施設では第一に『自立支援』『在宅復帰』を目標において実践しています。

もちろん本人の意向や家族の意向で目標をそこまで高く設定しない場合もありますが、施設内でも自立した生活を送れるように工夫しています。

 

 

【施設の紹介】

SANYO DIGITAL CAMERA

ご覧のように、広い敷地にポツンと建物が建っています。

その脇には自家農園が出来るように畑もあって毎年色々な野菜を利用者の方々と作って、おかずやおやつにして食べています。

グループホーム特有の1ユニット9人の定員でそれが2ユニットありますので定員18人となります。

1人1人各部屋冷暖房完備のお部屋を自分の家として利用してもらっています。
部屋の大きさは少し大きさが違うお部屋もありますが、だいたいどこも7畳あります。

それに加え車いす生活の方に対応出来るように洋室も完備。
女性高齢者に喜ばれる和室が基本ですが年々入居者の方々の重度化に伴い和室→洋室へ変更しなくてはいけない状態になってきているのが現状です。

 

 

【医療機関との連携】

グループホームといえば医療法人の運営されるところも多いですが、ひだまりの場合は有限会社の運営の為、最寄りの医療機関と連携体制を構築し、医療サポートをしていただいてます。

連携をとっているので軽度のお年寄りから、重度のお年寄りまで、入居可能で家庭ではあまり出来ない終末期の看取りまで行っています。

今までで約10名程の利用者さんの看取りに携わらせていただきましたが、どのご家族様にも満足していただいています。最後の最後は利用者さんの気持ちなどはお聞きすることは出来ませんがどの利用者様も安らかな顔で旅立たれるように思えます。

住み慣れた環境で安心して旅立つ事の出来る体制作りをしっかり行い、利用者さんやご家族さんにも「ひだまりに入所出来てよかった」と言ってもらえるように日々スタッフ一同努力しております。

 


 

【お問い合わせ先】
グループホーム ひだまり
長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷380-17
有限会社 ムラオカ
担当:管理者 村岡
電話番号:0956-26-7311
アドレス:grouphome-hidamari@s8.dion.ne.jp

Topix

  1. 2014.10.24

    施設紹介

    グループホームは地域密着型サービスとして位置つけされておりますが、今や福祉施設は増え続け、質の悪い介...

入居時必要なもの

入居時必要なもの
ページ上部へ戻る